庄原(広島県)を強力に推す
庄原(広島県)に関することを書いてます



<<<< 庄原ブログリンク+最新記事 >>>>

更新が新しい上位15位までを表示することにしました~。


庄原在住のブロガーの方、庄原のことを書いているブロガーの方!
「わしもリンクしてくれーや」のご一報、お願いします。
メール→ shobarablog@yahoo.co.jp




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

産学官連携事例報告会

なんと、「しょうばら産学官連携推進機構」様より、
記事を掲載してほしいという連絡がありました!
早速、皆さんにお知らせしたいと思います。
(他にもいつでも誰でも記事掲載の依頼を受け付けてますよ!)

以下、「産学官連携事例報告会」のお知らせです。
なんだか難しそうな話ですが、
県立大学と地元企業のコラボレーションですって。
庄原はいろいろとやってるんですね~。
県立大学があるんだから、活用しない手は無い!ってことですよ。
内容に興味が無くても「一緒にやった」という成果を聞いてみてはいかがでしょ。

========================
「産学官連携事例報告会」

タルク(滑石)を活用した汚水処理装置の開発
中間報告会

報告者:県立広島大学生命環境学部教授
    江頭 直義 氏

■日 時:2007年1月24日(水曜)14:00~15:30
■場 所:庄原市ふれあいセンター2階 中会議室
■参加費:無料

タルクを使った油分吸着技術とは,タルク粉末表面の親油性を利用して、油分などが混ざった汚水にタルク粉末(吸着剤)を混ぜただけで油分のみを取り除くことができる技術です。大学が技術シーズを提供し、(株)勝光山研究所が供給したタルクを使用して長岡鉄工建設(株)が油分分別回収装置を開発いたしました。
このたび庄原地域内での産学官連携が実現し、装置の製品化目前の研究事例の代表者として江頭直義教授にご報告いただきます。
当日参加も可能ですが,資料等準備の都合がありますので,できる限り事前に下記申し込み先まで電話・FAX等での申し込みをお願いします。

【問合せ・申込み先】
〒727-0012 庄原市中本町2丁目5-6
しょうばら産学官連携推進機構(担当:後藤)
TEL (0824)73-0220 FAX (0824)72-0075
E-mail:goto@shobara.or.jp

主催:しょうばら産学官連携推進機構
「しょうばら産学官連携推進機構」は,庄原商工会議所・市内6商工会・庄原農業協同組合・県立広島大学・庄原市で設立した産業界・大学・行政・市民間の橋渡しの役割を担う組織です。

========================


スポンサーサイト


  1. 2007/01/15(月) 02:03:58|
  2. ニュース|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 ∥HOME

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。